純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【愛知県:名古屋市中村区】ロビン  海王丸のごきげんよう

純喫茶丸は今日も名古屋の喫茶店をいきます。少し休憩も必要だけど、動いている方が気がまぎれる。進まないといけない時がある。船も人の心も同じですね。
さて、ロビンは名古屋市中村区の喫茶店。
地下鉄 日赤中村駅で降りて、幾つか喫茶店を訪問した後きました。

f:id:saria444:20170504143134j:plain

 ロビンは山之内遼さんが”47都道府県の純喫茶”で紹介していたお店。

www.j-n.co.jp

モーニングの時間。ママがとても優しく明るく迎えてくれ、初訪問でも居心地が良かったです。いろいろお話をしてくださる中、偶然山之内遼さんの話になりました。かつてママの娘さんが純喫茶を巡っている山之内さんのブログをたまたま見つけ、「うちも純喫茶やってます。」とロビンのことをメールで紹介すると、迅速な返信とともに間もなく実際に訪れたこと。2〜3回しかあっていないのに、お孫さんがすぐに懐いてしまうくらいの好青年だったということ。亡くなった時に家族で悲しんだこと。「遼くんの本を読んでくれて嬉しい」と本当に喜んでくれたこと。山之内さんは愛されていました。そのお孫さんが小学生の頃、初めて買ったポスターカラーで書いたというロビンのポスターがこちらです。

f:id:saria444:20170504143145j:plain

いろいろな喫茶店で看板を見てきましたが、オリジナルといえばこれに尽きます。一目で心を奪わました。


会話の中で私が海の仕事に携わっていたことを伝えると、ママが横浜で練習船海王丸」の”登檣礼”を見学したことがあると教えてくれました。船乗りさんは正式な資格を取る前に実習船に乗り実地訓練を行います。実際の船での操船と寄港を練習するのです。“登檣礼”(とうしょうれい)とは練習船が出港する際の儀式。練習生が数十人、甲板から高さ50mほどのマストに登り、見送り人たちに「ごきげんよう」という応援団のような挨拶をするのです。しばらく海上に出て家を留守にする船乗りさんたち。家族や友人は心配でしょう。ママは「ごきげんよう」という言葉にとても感銘を受けたらしいです。ごきげんようは「さようなら」でもないし「またね」でもない。


「長い航海に出ますが、無事に帰ってきますので、留守を宜しくお願いします」

という意味を含んだ言葉だと、ママは感じたらしい。素敵な感性ですね。知り合いの船乗りさんは航海士になる前に海王丸ではない別の実習船に乗り登檣礼を行った経験者。感動してたよと伝えると誇らしそうでした。「ありがとうございます!」とどこまでも礼儀正しかった。こういう真っ直ぐな礼儀正しさが私が船乗りさんを愛する理由の一つ。たまたまママが海王丸の出港式を見ていたからなのかもしれませんが、名古屋の喫茶店で船の話で盛り上がるなんて、思わなかった。縁って面白い。ただそれは、ママがどんなお客さんとでも話が弾むよう、会話の引き出しを持っているからだと思います。

ごきげんよう。に対する思い、素敵なインテリアに、お孫さんの愛のあるポスター。その豊かな感性が代々受け継がれている素敵な家族経営の喫茶店だと思いました。

f:id:saria444:20170504144513j:plain 

f:id:saria444:20170504144525j:plain

f:id:saria444:20170504143158j:plain

f:id:saria444:20170504143222j:plain

f:id:saria444:20170504143242j:plain

f:id:saria444:20170504143259j:plain

f:id:saria444:20170504143312j:plain

f:id:saria444:20170504143324j:plain

 愛知県名古屋市中村区寿町36

【2017年4月訪問】