純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【愛知県】名古屋港とポートビル

純喫茶丸 今回の目的地は、ここ名古屋港。いつもの弾丸見切り発車。持ち物はスマフォと少しのお金だけ…。ここが”例の”名古屋港かな?駅名が”名古屋港”だからここであっているよね。とにかく来てみました。

f:id:saria444:20170502000343j:plain 

”例の”とは、貨物船の岸壁のこと。特にお世話になったのは、大手鉄鋼会社の岸壁だったのでそれを間近に見にきた。はず…でした。私が海や港が好きな理由は水辺が好きというのもあるけど、船が係留している姿、クレーンや岸壁施設が好き。業務で四六時中ビットやボラードの係船力について考えていたら刷り込みで気になってしまうようになりました。ビットやボラードとは映画で石原裕次郎さんが波止場で足を乗せてカッコつけているあの鉄の柱のことです。

f:id:saria444:20170502002234j:plain

⇧⇧これです⇧⇧


事務所で書き物をするのが仕事だったので、あまり現場に出向く機会がなく、岸壁の場所についての詳細はあやふやでした。調査すればいいのだけど、半分行き当たりばったりくらいが面白い。私の港巡り旅は、移動手段は公共交通機関と徒歩なのがマイルール タクシーで乗り付けるのはダメとしている。そして関係者以外(もう私も部外者だし)も立入れる範囲を行動しています。そして近くの港の喫茶店を見つけて入ります。

 

ここから近い喫茶店で名古屋港について話を聞くと、貨物船がつくのはここではなく少し離れた「金城ふ頭駅」だといいます。この「名古屋港」は「ガーデン埠頭」と呼ばれています。かつては沢山貨物船や客船が着岸していましたが、現在は水族館や南極船ふじの係留を呼び水に、観光地として機能しているらしいです。

 

確かに貨物船は見ることはできなかったけど、名古屋港は楽しかった。遠くに工場群が望めるし特に名古屋港ポートビルはお気に入りに。客船をイメージした曲線美の館内は、白とブルーのタイルで穏やかな気持ちになりました。ガーデン埠頭周辺は青い空に白い建物が映えますね。1階の休憩室は無料で使用でき、船着場の待合室のようでエトランゼ気分。風が強かったり寒い日は、屋内から海を眺めるのもよい気分でしょう。きっと対岸が貨物船の岸壁だろうなと思う。金城ふ頭はまた今度でいいや。 海を見ていると「まぁいいか」という気持ちになります。しかし、あたりにまったく人気がない。港ってあまり人気のないスポットなのかな〜と少し失礼な感想を持ってしまうが、なんて事はなく、名古屋港ポートビルに訪問した月曜日は休館日だったのです。嬉しいような悲しいような。未来系カプセルのようなエレベーターにのって展望室にも登ってみたかったな。休みだとわかるとリベンジしたくなりますな。今日は外観だけ堪能するとししましょう。

 

後日知り合いの船乗りさんにポートビルの写真を見せたところ「練習船で行ったところだ」と教えてくれました。航海士や機関士になる人はそのほとんどが商船学校で学び練習船である帆船で乗船実習をします。例えば日本丸海王丸のように。かつての若手船乗りさんはその昔、練習船で名古屋に来たといいます。私は勝手気ままに港町に遊びに来ているけど、誰かの軌跡を辿っているとしたらそれも面白いな。港周辺の名港ビルディングも船員待合所もレトロな建物ですっかり魅せられてしまいました。潮っ気を大いに浴び、満足した私はこの後名古屋港の喫茶店に入りました。その模様はまた明日。

f:id:saria444:20170502001427j:plain

 f:id:saria444:20170502000633j:plain

f:id:saria444:20170502002748j:plain

f:id:saria444:20170502001159j:plain

f:id:saria444:20170502002210j:plain

f:id:saria444:20170502000357j:plain

f:id:saria444:20170502000508j:plain

f:id:saria444:20170502002155j:plain 

f:id:saria444:20170502000411j:plain

f:id:saria444:20170502001035j:plain

f:id:saria444:20170502001045j:plain

f:id:saria444:20170502000443j:plain

f:id:saria444:20170502001224j:plain

f:id:saria444:20170502000537j:plain

f:id:saria444:20170502000523j:plain

f:id:saria444:20170502000552j:plain 

f:id:saria444:20170502002815j:plain

f:id:saria444:20170502001329j:plain

f:id:saria444:20170502002128j:plain

f:id:saria444:20170502000425j:plain

f:id:saria444:20170502002424j:plain

 【2017年4月訪問】