読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純喫茶丸 8knot

2015年からの純喫茶訪問ブログ。海が好きで船の名前”丸”をつけました。

【千葉県:長浦】みもざ

港の喫茶店シリーズ

今日も千葉港周辺を。

 

みもざは千葉県袖ケ浦市

内房線 長浦駅が最寄りの喫茶店。

f:id:saria444:20170419095927j:plain

さっそく船のはなし。

 

わたしが関わっていた商船は

定期船と不定期船という分類ができる。

 

後者は貨物を求め

不定期に不特定の航路に就航する船。

つまり始発港、寄港地や目的港を

契約ごとに決定する。

それと対になるものとして定期船がある。

f:id:saria444:20170420090101j:plain

私の喫茶店巡りの仕方は

いわば不定期船の就航と同じだ。

喫茶店を求め、不特定の街、

お店に寄港しているようなもの。

 

美味しそうなメニューがある店

素敵なインテリアがある店

名物マスターがいる店

マッチがある店。

 

不定期船のように

ゆらり電車に揺られて

知らない街の喫茶店を巡るのが好き。

f:id:saria444:20170422112718j:plain

 

この旅は千葉港あたりで

食指が動く喫茶店にいくつか

はしごする予定だった。

 

f:id:saria444:20170419100246j:plain

ここ、みもざはマッチが可愛いと知り

いくことを決めた。

食べロ◯の掲載もないし、

営業時間もわからない。

 

住所だけを頼りに

水先案内人ならぬ

グーグル先生に案内をお任せして

見つけたときの喜びよう。

道に迷い諦めかけたその時。

遠くから見えたピンクの庇に心が溶けた。 

 

f:id:saria444:20170422112749j:plain

 

「喫茶店巡りが趣味なんだって、

いい趣味だねぇ。

あなたも喫茶店開きなよ。楽しいよ。」

と明るく温かいママが

終始もてなしてくれた

(それと、2匹の看板猫も。)

 千葉でその日とれたての

大きな苺もくれた。

 

f:id:saria444:20170422112850j:plain

 

 欲しかったマッチ。

このフォント ホント可愛い。

f:id:saria444:20170422112913j:plain

 

甘えん坊の猫が時々足元に

すり寄ってきた。

猫の自由な感じがうらやましいけど、

今日のわたしはあなたみたいに気ままだよ。

と負けず嫌いを発動した。

 

この日は弾丸日帰りだから、

名残惜しいけど、

そろそろ出発だ。

f:id:saria444:20170419101053j:plain

この日はあいにくの雨だったけど、

雨の日は喫茶店が似合うと思う。

 

f:id:saria444:20170419101240j:plain

みもざの所在地。

 “くらなみだい”

町名の由来は何だろう。

波という文字に、ここは海の町なんだと

改めて感じる。

 

休日はあてもなく好きなだけ寄り道して

 

電車を乗り過ごしてみたり。

1番線と2番線どちらか早く来た方面の

電車に乗ろうとしたり。

 

目的地周辺と寄港喫茶店は

あらかじめ決めている。

おおらかに。ほどよく。

そんな休日の過ごし方、好きだ。

【2017年4月訪門】