純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:内幸町】草枕

新橋周辺の喫茶店シリーズ。

草枕虎ノ門または内幸町が最寄りの喫茶店。

f:id:saria444:20170414234230j:plain 

割烹料理屋さんの居抜きかな。

ここが”草枕”という美味しい珈琲をだすお店

って知らないと通り過ぎてしまうかも。

おっと、この筆書きのような看板には足が止まる。

f:id:saria444:20170414221200j:plain

 「智に働けば 角が立つ。情に棹させば流される。

意地を 通せば 窮屈 だ。とかく人の世は住みにくい。」

これは、夏目漱石 ”草枕”の有名な冒頭。

こんな気分になった時

喫茶店草枕に来ると癒される。

マスターの声。柔らかくて包容力がある。

カウンターに座る人は、

誰もがマスターに話しかけたい様子。

決して否定はしない、

押し付けがましくもない。

ナチュラルセラピストみたいな。

それに大量の本の前でコーヒーを飲むのは幸せ。

 

ここで”草枕”を読みふけるのが、

ささやかな夢。

でも、ここに並ぶ文庫本のタイトルを見ていると、

人差し指が勝手に動いてしまう。

自動的に目の前の背表紙を、

ころっと倒して読み出している。

 

池波正太郎さんの美味しそうな本(内容がね。)

きのこの本や、グルメエッセイ

まだ読んだことない日本文学。

本をインテリアにするのって素敵だけど

このお店のは、ただのオブジェではない。

全てのセレクトに筋が通っている。

これが大好物で、本をつまみに珈琲が飲める..。

 

さぁ船のはなしをしよう。

海上勤務のお話。 

私の周りの船乗りさんたちは、

1年弱はずっと海上で自宅に帰らない。

船が職場。船が寝床。

ずっと同じメンバーで数ヶ月過ごす。

 

息抜きは何だろう。

想像しきれないけど、

やはりひとつは食の時間なのではないかな。食卓。

ご飯の時間は和気あいあい。

乗合は、日本人だけじゃなく。

船内のコミュニケーションといえば、

英語はもちろんあとはフィーリング。

船乗りさんってすごい。

意気込みと気持ちで伝わっている。

そんな彼らには英語でも日本語でもない。

船乗り用語と呼ぶべき国際語がある。

最近聞いた話

食事のことは”ちゃぶちゃぶ”という言葉で通じる模様。

日本にちゃぶ台というものがあるが、それが由来だと聞いたこと。

”ちゃぶちゃぶ”

という響き。かわいい。

なんともホッとする言葉だ。

ご飯だよ〜。

ちゃぶちゃぶ

海上の狭い空間で故郷や家庭から遠く離れて

一緒に食事やコーヒーブレイクをとる時間は、

ホッとする時間でしょう。

ここで迎える転流。

時の瞬きにさらわれないようリセットだ。

そう思えるお店です。

f:id:saria444:20170414221717j:plain

f:id:saria444:20170414221252j:plain

f:id:saria444:20170414221843j:plain

f:id:saria444:20170414221931j:plain

【2015年8月訪問:他】