読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【押上】珊瑚

海にまつわる名前の喫茶店シリーズ

珊瑚は押上の喫茶店。

f:id:saria444:20170331162212j:plain

 

下町の一軒家喫茶店。

 

f:id:saria444:20170331162348j:plain

黒板タイプの看板

ドリンクの広告がついているのは

よく見るけど、ここのはない。

coffeeの斜体フォントが可愛い。

 

f:id:saria444:20170331162804j:plain

珊瑚は、壁の銅版画が圧巻なのです。

経年変化で味をましてます。

 

f:id:saria444:20170331162423j:plain

半円のまぁるくなった

ソファの造りも珍しい。

ベルベットがつやつやで、

触り心地が良い。

 

f:id:saria444:20170331162517j:plain

純喫茶でよく見かける、

茶色モザイクタイルのテーブルもすき。

 

f:id:saria444:20170331162652j:plain

この日のオーダーは、

店名が“珊瑚”なだけに、

海鮮推しになる。

だから、

あさりのボンゴレにしました。

 

f:id:saria444:20170331162731j:plain

目の前にある、

石造りの壁をみながら思う。

建築法の関係で、

現代には使えない資材があるはずだから、

同じものは再現できない可能性が。

 

アートや遺産の価値が希少性にあるなら、

街の純喫茶のインテリアも、

十分そうだ。 

f:id:saria444:20170331162624j:plain

希少か価値があるかという

基準より

心が『いい』と感じればそれが

芸術だよなぁ。

 

しかしこの石は何の素材だろう。

フカミドリのベルベットのソファに

とてもマッチしている。

 

心が豊かになった土曜日のお昼。

 

この日のお供は【異国船漂流記】

ときは

鎖国で海外と断絶していたはずの時代。

政府レベルではない商船を通し

日本人は外国人を見ていたのです。

そして漂流した困窮していた

外国人を助けた、という

日本各地の海岸線のお話。

 人情物語。ノンフィクションです。

【2016年4月訪問】