読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【愛知県:名古屋市東区】グロリヤ 栄光と影でモーニング

まだまだ名古屋の喫茶店は続きますよ。3日(正確には2日半)で17軒通ったので、まだ半分くらいしか記事にできていないのです。
グロリヤは名古屋市東区の喫茶店。駅で言うと地下鉄栄駅で下車し、テレビ塔を目指してください。すぐ脇にありますよ。

f:id:saria444:20170427150407j:plain

名古屋の喫茶店の看板はパトランプが付いているものが多いと思う。
車移動する人のために目立つようにとのことらしい。ここは他のお店に比べるとインテリアの主張性は少ないが外観が強烈な魅力。東京都板橋区にあるウィーンに似ていると思いました。(後日記載予定 

喫茶 ウイーン [東京都板橋区常盤台]の詳細情報 - Yahoo!ロコ

それにしても店内が3階構造なのは名古屋らしい。
栄やテレビ塔周辺は繁華街、少し歩いたところにある錦(伏見)はビジネス街、と認識していますが、ここでモーニングして出勤というのはとても合理的だと思います。
300円代なら自炊よりコスパがいいかもしれない。朝って準備も片付けも忙しいから。平日のあさ8時台に訪問したら、かわるがわるスーツを着たお客さんが朝ご飯を食べていました。朝はサクッと腹ごしらえをすればいい。回転はとても早い。 

 

これから行こうとする人に大きなお世話かもしれませんが注意です。
この記事のグロリヤは
GLORIAと書いてグロリヤ
と読む方です。久屋大通、テレビ塔 がキーワードです。名古屋の丸の内という場所に「グロリア」という別のお店もあるので、名古屋の土地勘がない人で漠然とグロリヤ(ア)に行きたいと思っている人は(私みたいに)間違いやすいかもしれない。
グーグルマップ等で誤って入力すると違った方へ行ってしまうかもしれないのでおしらせします。そちらも素敵そうなので次回行ってみたいけど、今回はこの看板ロゴが見たかったのでここを目指してしっかり準備。←この注意書きは、慌てていると間違っていることにも気づかない自分への自戒です。(この間も横浜で、赤レンガ倉庫に行きたかったのにグーグル先生に赤レンガと入力して勝手に信用したら赤レンガという名前の飲食店に着いたしまったという経験(汗))

 

せっかくの3階構成だけど、なんとなく半地下に入るのをためらう自分がいる。この日も1階に座りました。各お店の構造上様々ですが、半地下だと店内全体が見えないという理由なのかも。静かにこもりたい時に半地下はいいかもしれない。名古屋の喫茶店を堪能するには今度はいろいろな階に座ってみよう。初めての来店だったので奥から店内を全部見渡せる席でモーニングした。朝は忙しそうな店員さんにあれこれ聞くことができず、2階を見せてもらうことは遠慮。そして残念ながらマッチはもうありませんでした。

 

GLORIA(GLORY)といえば栄光という意味ですが、栄にあるからそういう店名を名付けたのかなと勝手に想像したけど由来は聞けなかった。しかし栄周辺は最近名駅(めいえき)(名古屋駅を名古屋の人はこう呼ぶ)に栄光を持って行かれ寂しくなってきたと人は言う。確かに名駅はキラキラした背の高いタワーが建ち、今後レトロなビルの建て壊しも決まっている。新しいものが生まれることは受け入れざるをえないが、キラキラした主役級の方よりも、相対的に勢いが、こう言ってしまうと語弊があるかもしれないが、比較的負けているように見える、感じる、見せられているような2番手、3番手の方に惹かれる自分がいる。例えば私は野球には疎いが、なんとなく早実の清宮くんはフューチャーされていることはわかる。(それくらいしか知らない野球オンチです。)でも、彼の試合が取り上げられるたびに対戦相手も、ここまでくるのに大変な思いをしているのに勝ってしまうと人々に不評を買うのはなんかかわいそうだなとか、勝手に光の当たる方の反対側に感情移入してしまうのは、蟹座が太陽ではない月の性質を持つからなのかな。(私は蟹座です。)
前回から占いの話がちらほら入りますが、今はそういうのに興味がある時期だからこの人は、そういう情報を書く時期なんだ、と思ってくだされば幸いです。タイトルに影とありますが、決してネガティブじゃなく、影は私にとって褒め言葉です。

 

あ、船の話がない。船の話に無理やり結びつけるとしたら 〇〇GLORY号という名称の船は多いですよ!ということで今日はこの辺で。

f:id:saria444:20170427150428j:plain 

f:id:saria444:20170508232238j:plain

f:id:saria444:20170427150454j:plain

f:id:saria444:20170427150521j:plain

f:id:saria444:20170427150541j:plain

f:id:saria444:20170427150607j:plain

愛知県名古屋市東桜1-10-38

 【2017年4月訪問】

 

 

 

【愛知県:名古屋市東区】エーデルワイス 舵と彫刻と 味

今週は名古屋巡礼を振り返る日々。今日はエーデルワイス。こちらは名古屋市東区の喫茶店。こうして書き出してみると、星の数ほどある喫茶店の中から私の選択の基準がわかってきます。エーデルワイスは舵がある。やっぱり船が好きなんですね。

f:id:saria444:20170427145502j:plain

ところで今日は何もすることがないので、占い師しいたけさんのブログを読破。そこで下記の蟹座の記載が腑に落ちたのでリンクしたいと思います。この記事は名古屋滞在中に見つけました。名古屋に来てまで喫茶店にしか入らないとは...。いや、喫茶店を目指して名古屋に来たんだからいいと思うけど。それにしても、喫茶店を3日で17軒も回っている。なにやってるんだろう?とは思います。でも旅から戻ると大抵行ってよかった!って思っている。
でも巡っている時、臨時休業という魔物や、マッチがもうないかもしれない!というハラハラソワソワする気持ちってわかる人は分かりますよね?(笑)そして、コーヒーでお腹もタプタプになるし。でも貧乏性だからせっかく来たからできるだけ行っておきたい。って思うっている自分がいる。でも以前はもっと欲張りだった。大人になって諦める気持ちをこれでも覚えてきたんですよ(笑)そんな堂々巡りの不安定な気持ちの最中に、この記事、発見して背中を押されました。なんでここまで喫茶店に惹かれるか。その一つの理由がここあリマす。しいたけさんに正当化してもらいフニャっとなる。

ameblo.jp

 この文章、多分すっと入ってこない人もいると思うんです。私はこういうスピリチュアルな不思議な世界が好きで、ストンときます。日常で緊張感をまとった私がフニャっとするのは、美味しいご飯なのです。ここに書かれているように、蟹座が人と対峙する時に力が入りがちな体癖だというのは納得。でも一人で美味しいご飯(食べ物)と対峙する時間はフニャっとする。ご飯を目の前にして緊張はしないから。美味しいって食べ物の味もそうだけど、インテリアなどに現れる店主の持ち味もそうかな。

 

その点、エーデルワイスは素敵だったなぁ。店主のこだわりが詰まった喫茶店とも博物館とも美術館とも定義できない”エーデルワイス”というカテゴリーにしか収まらない。モーニングだったので、この入館料が380円だと考えると驚くほど。喫茶店も一人訪問が多いけど、そういえばライブ鑑賞も一人で世界に浸る方が好きなタイプだな〜私。

 

名古屋の喫茶店は朝が早い。”せめて前向きに見せたいと夜型の体質を変えたい”けど、名古屋にくると朝型にシフトできると思う、私の場合。喫茶店は大抵朝7時には開店している。ここには朝8時に到着していた。平日の朝は貸切状態で贅沢な時間でした。コーヒーを飲みすぎるとカフェイン摂取が多すぎるから紅茶に変更した。(紅茶もカフェイン入っているけど!)名古屋に多い3階層構造。1階の広々したソファー席に座り、舵のついた階段から続く中2階の荘厳な絵天井をぼ〜っと眺め空間に包まれました。

充分世界を堪能した帰り際、マッチを求める。ここのマッチは可愛く前から欲しかったもの。(後日アップします)マッチを集めていることを伝えると「集めてるんだ?何個集めた?」と笑いながら探しだしてくれたマスター。手にひらに乗せると、これまたフニャっとした気分に。これ好きだ!壁の彫刻はいい飴色だけど、もともとは白かったらしい。

 

エーデルワイスには”高貴な白”という意味があるらしい。
飴色にしみたインテリアは味があって好き。

f:id:saria444:20170427144827j:plain 

f:id:saria444:20170427145021j:plain

f:id:saria444:20170427145209j:plain 

f:id:saria444:20170427145046j:plain 

f:id:saria444:20170427145109j:plain

f:id:saria444:20170427145140j:plain

f:id:saria444:20170427145241j:plain

f:id:saria444:20170427145301j:plain 

f:id:saria444:20170427145328j:plain

f:id:saria444:20170427145355j:plain

f:id:saria444:20170427145416j:plain

f:id:saria444:20170427145534j:plain

f:id:saria444:20170427145559j:plain

愛知県名古屋市東区東桜1-10-1

【2017年4月訪問】

【愛知県:名古屋市中村区】ロビン  海王丸のごきげんよう

純喫茶丸は今日も名古屋の喫茶店をいきます。少し休憩も必要だけど、動いている方が気がまぎれる。進まないといけない時がある。船も人の心も同じですね。
さて、ロビンは名古屋市中村区の喫茶店。
地下鉄 日赤中村駅で降りて、幾つか喫茶店を訪問した後きました。

f:id:saria444:20170504143134j:plain

 ロビンは山之内遼さんが”47都道府県の純喫茶”で紹介していたお店。

www.j-n.co.jp

モーニングの時間。ママがとても優しく明るく迎えてくれ、初訪問でも居心地が良かったです。いろいろお話をしてくださる中、偶然山之内遼さんの話になりました。かつてママの娘さんが純喫茶を巡っている山之内さんのブログをたまたま見つけ、「うちも純喫茶やってます。」とロビンのことをメールで紹介すると、迅速な返信とともに間もなく実際に訪れたこと。2〜3回しかあっていないのに、お孫さんがすぐに懐いてしまうくらいの好青年だったということ。亡くなった時に家族で悲しんだこと。「遼くんの本を読んでくれて嬉しい」と本当に喜んでくれたこと。山之内さんは愛されていました。そのお孫さんが小学生の頃、初めて買ったポスターカラーで書いたというロビンのポスターがこちらです。

f:id:saria444:20170504143145j:plain

いろいろな喫茶店で看板を見てきましたが、オリジナルといえばこれに尽きます。一目で心を奪わました。


会話の中で私が海の仕事に携わっていたことを伝えると、ママが横浜で練習船海王丸」の”登檣礼”を見学したことがあると教えてくれました。船乗りさんは正式な資格を取る前に実習船に乗り実地訓練を行います。実際の船での操船と寄港を練習するのです。“登檣礼”(とうしょうれい)とは練習船が出港する際の儀式。練習生が数十人、甲板から高さ50mほどのマストに登り、見送り人たちに「ごきげんよう」という応援団のような挨拶をするのです。しばらく海上に出て家を留守にする船乗りさんたち。家族や友人は心配でしょう。ママは「ごきげんよう」という言葉にとても感銘を受けたらしいです。ごきげんようは「さようなら」でもないし「またね」でもない。


「長い航海に出ますが、無事に帰ってきますので、留守を宜しくお願いします」

という意味を含んだ言葉だと、ママは感じたらしい。素敵な感性ですね。知り合いの船乗りさんは航海士になる前に海王丸ではない別の実習船に乗り登檣礼を行った経験者。感動してたよと伝えると誇らしそうでした。「ありがとうございます!」とどこまでも礼儀正しかった。こういう真っ直ぐな礼儀正しさが私が船乗りさんを愛する理由の一つ。たまたまママが海王丸の出港式を見ていたからなのかもしれませんが、名古屋の喫茶店で船の話で盛り上がるなんて、思わなかった。縁って面白い。ただそれは、ママがどんなお客さんとでも話が弾むよう、会話の引き出しを持っているからだと思います。

ごきげんよう。に対する思い、素敵なインテリアに、お孫さんの愛のあるポスター。その豊かな感性が代々受け継がれている素敵な家族経営の喫茶店だと思いました。

f:id:saria444:20170504144513j:plain 

f:id:saria444:20170504144525j:plain

f:id:saria444:20170504143158j:plain

f:id:saria444:20170504143222j:plain

f:id:saria444:20170504143242j:plain

f:id:saria444:20170504143259j:plain

f:id:saria444:20170504143312j:plain

f:id:saria444:20170504143324j:plain

 愛知県名古屋市中村区寿町36

【2017年4月訪問】

 

【愛知県:名古屋市港区】きっさ姉妹 椅子とチョッキ

純喫茶丸は名古屋港で食後のコーヒーを求めてはしご旅。そこで見つけたのは”きっさ姉妹”名古屋ガーデン埠頭からトコトコと歩ける場所です。最寄り駅は地下鉄の築地口駅。

f:id:saria444:20170503141952j:plain

名古屋港から一つ先の”築地口駅”まで一駅分歩いてみようと決め、海岸通り(勝手にそう呼ぶ)を歩きました。幾つか喫茶店に入ろうと探し、どこにしようか目移りしているうちに、あっという間に一駅が過ぎました。また少し引き返し、築地口駅からほど近くの”きっさ姉妹”にしてみようと決心。

 

透明の紅茶色ガラス扉に金色の”姉妹”の文字に惹かれます。東京の築地市場の喫茶店に似ているな、それが第一印象。なんでそう思った?なんでだろう、木のテーブルかな。綺麗に手入れされた木目のカウンターとテーブルは統一されていて気持ちいい。椅子とマスターのチョッキも庇と同じ緑なんだ。整列したコーヒーチケットはインテリアの一環になっていて、完璧なアートですね。

 

名古屋はコーヒーチケット文化が生きています。コーヒーチケットも印刷するのにコストがかかるはず、なのに名古屋では変わらずオリジナルコーヒーチケットを作り続けているお店が多い。常連さんがそれだけいるってことかな大事にされていて素敵。
オリジナルロゴのコーヒーチケットはそれだけで個性。コストよりもおまけ、気概にサービス精神、それにお店の個性を大事にしている名古屋の喫茶店が好きになった。コーヒーカップもオリジナルロゴ入りを使うお店が多い。姉妹でもロゴ入りカップを発見。

さて、メニューは迷うほど魅力的。コーヒー1杯と決めていたはずが”築地口の逸品”と書かれたコーヒーぜんざいが気になりました。自己問答が始まります。
これも名古屋独特のメニューだよね。うん!決めた!


ワクワクしながら待った一皿は、お皿が台湾や香港のデザート屋さんのものみたいでかわいかった。知らなかった。コーヒーにぜんざいってとても合う。砂糖の代わりにあんこってほどよい甘み。名古屋独特のメニューを堪能できてすっかり満足しました。

さ、今日の喫茶店巡りは姉妹で終了です。翌日の喫茶店巡りに備え、純喫茶丸はホテルに停泊します。

f:id:saria444:20170503142026j:plain 

f:id:saria444:20170503142055j:plain

f:id:saria444:20170503143056j:plain

f:id:saria444:20170503142121j:plain

f:id:saria444:20170503142148j:plain

f:id:saria444:20170503142216j:plain

f:id:saria444:20170503142240j:plain

f:id:saria444:20170503142311j:plain

f:id:saria444:20170503142338j:plain

愛知県名古屋市港区名港1-19-15

 【2017年4月訪問】

 

【愛知県:名古屋市港区】FAT 復活したとんスパ

お腹が空いた純喫茶丸は名古屋港からほど近い喫茶店に入ります。このゆる〜いイラストの看板は思わず入りたくなりました。この辺の地名は「入船」といいます。”港区入船”か...かっこいい!最寄駅は地下鉄名古屋港駅です。

f:id:saria444:20170502161243j:plain

Twitterでお世話になっている喫茶店仲間からここにマッチがあると聞いていました。メニューは基本カレーやパスタだから、はしごするならお腹の具合に気をつけて!とありがたいアドバイスをいただいていましたが、潮っ気をあびて小腹がすいたからカレーがくらいなら入りそう。港から本当にすぐの距離にありここに来るまで他のお店に浮気するような隙もなかったから、ここは入店決定。

この看板のおじさん。入ったらわかりますけど、マスター(ご兄弟でいます)そっくり!ほのぼのします。さて、オーダーは何にしようかな。カレー類が豊富とは聞いていいましたが、他にもたくさんありそう。テーブル上のメニュー表をおもてうらにくるくるしながら迷う。ん?「なんだろう?とんスパって」気になるメニューがあった。そのお店だけの特別なメニューがあれば頼むようにしているけど、どうやらFATでは、”とんスパ”というものがおすすめらしいが耳馴染みがないもの。メニュー表によると、とんかつとスパゲティの組み合わせみたい。カレーの予定だったお腹に、とんかつを食べてもいいか相談しましょう。

 

しばし迷っていると、店内にある日の新聞記事を発見。


築地口のとんスパ復活!”


の見出し。どうやらとんスパは、20年ほど前に閉店してしまった名店のメニューを復刻したもののよう。地元の人たちの「また食べたい」との声に応え、正式メニューにしたとの記事。よし!これにしよう。カロリー?なにそれ。胃もたれ?大丈夫。すぐ治る。よし!もう迷いはない。とんスパは太麺スパゲティの上にトマトソースがかかったとんかつが乗っていいます。トマトベースの餡を、太めの麺に絡めて食べると美味しい。地元商店街のお肉屋さんのとんかつを使っているんだって。とんかつはサクッと揚がっていて軽め。ペロリと完食 すっごく美味しい。


先の記事⇩⇩で名古屋港の話を聞いたという喫茶店はこのお店FATでのこと。

 

kissafreak.hatenadiary.jp

 

店内に船や岸壁クレーンの写真がたくさんあり、港に寄り添ったお店なんだと感じたから話しかけてみました。「金城ふ頭に船が移っちゃって、働いている人たちもみんな向こうに行ってしまった」と少し残念そう。「船の仕事してるの?かっこいい!」と言っていただいて単純な私は、お腹もいっぱい心もいっぱい元気になりました。私は事務員だしそれにもう卒業したけど...。そう言っていただけてありがたいな〜。

 

ここは港で働く人々の胃袋を支え、地元の方に愛され、名古屋港の観光客を喜ばせるニコニコ朗らかな明るいお店の方々でした。
しかしこのマッチ可愛いよね。

f:id:saria444:20170502161316j:plain

f:id:saria444:20170502161340j:plain

f:id:saria444:20170502161415j:plain

f:id:saria444:20170502161439j:plain

f:id:saria444:20170502161508j:plain

f:id:saria444:20170502161534j:plain

f:id:saria444:20170502161617j:plain

愛知県名古屋市港区入船2-2-11

【2017年4月訪問】 

 

【愛知県】名古屋港とポートビル

純喫茶丸 今回の目的地は、ここ名古屋港。いつもの弾丸見切り発車。持ち物はスマフォと少しのお金だけ…。ここが”例の”名古屋港かな?駅名が”名古屋港”だからここであっているよね。とにかく来てみました。

f:id:saria444:20170502000343j:plain 

”例の”とは、貨物船の岸壁のこと。特にお世話になったのは、大手鉄鋼会社の岸壁だったのでそれを間近に見にきた。はず…でした。私が海や港が好きな理由は水辺が好きというのもあるけど、船が係留している姿、クレーンや岸壁施設が好き。業務で四六時中ビットやボラードの係船力について考えていたら刷り込みで気になってしまうようになりました。ビットやボラードとは映画で石原裕次郎さんが波止場で足を乗せてカッコつけているあの鉄の柱のことです。

f:id:saria444:20170502002234j:plain

⇧⇧これです⇧⇧


事務所で書き物をするのが仕事だったので、あまり現場に出向く機会がなく、岸壁の場所についての詳細はあやふやでした。調査すればいいのだけど、半分行き当たりばったりくらいが面白い。私の港巡り旅は、移動手段は公共交通機関と徒歩なのがマイルール タクシーで乗り付けるのはダメとしている。そして関係者以外(もう私も部外者だし)も立入れる範囲を行動しています。そして近くの港の喫茶店を見つけて入ります。

 

ここから近い喫茶店で名古屋港について話を聞くと、貨物船がつくのはここではなく少し離れた「金城ふ頭駅」だといいます。この「名古屋港」は「ガーデン埠頭」と呼ばれています。かつては沢山貨物船や客船が着岸していましたが、現在は水族館や南極船ふじの係留を呼び水に、観光地として機能しているらしいです。

 

確かに貨物船は見ることはできなかったけど、名古屋港は楽しかった。遠くに工場群が望めるし特に名古屋港ポートビルはお気に入りに。客船をイメージした曲線美の館内は、白とブルーのタイルで穏やかな気持ちになりました。ガーデン埠頭周辺は青い空に白い建物が映えますね。1階の休憩室は無料で使用でき、船着場の待合室のようでエトランゼ気分。風が強かったり寒い日は、屋内から海を眺めるのもよい気分でしょう。きっと対岸が貨物船の岸壁だろうなと思う。金城ふ頭はまた今度でいいや。 海を見ていると「まぁいいか」という気持ちになります。しかし、あたりにまったく人気がない。港ってあまり人気のないスポットなのかな〜と少し失礼な感想を持ってしまうが、なんて事はなく、名古屋港ポートビルに訪問した月曜日は休館日だったのです。嬉しいような悲しいような。未来系カプセルのようなエレベーターにのって展望室にも登ってみたかったな。休みだとわかるとリベンジしたくなりますな。今日は外観だけ堪能するとししましょう。

 

後日知り合いの船乗りさんにポートビルの写真を見せたところ「練習船で行ったところだ」と教えてくれました。航海士や機関士になる人はそのほとんどが商船学校で学び練習船である帆船で乗船実習をします。例えば日本丸海王丸のように。かつての若手船乗りさんはその昔、練習船で名古屋に来たといいます。私は勝手気ままに港町に遊びに来ているけど、誰かの軌跡を辿っているとしたらそれも面白いな。港周辺の名港ビルディングも船員待合所もレトロな建物ですっかり魅せられてしまいました。潮っ気を大いに浴び、満足した私はこの後名古屋港の喫茶店に入りました。その模様はまた明日。

f:id:saria444:20170502001427j:plain

 f:id:saria444:20170502000633j:plain

f:id:saria444:20170502002748j:plain

f:id:saria444:20170502001159j:plain

f:id:saria444:20170502002210j:plain

f:id:saria444:20170502000357j:plain

f:id:saria444:20170502000508j:plain

f:id:saria444:20170502002155j:plain 

f:id:saria444:20170502000411j:plain

f:id:saria444:20170502001035j:plain

f:id:saria444:20170502001045j:plain

f:id:saria444:20170502000443j:plain

f:id:saria444:20170502001224j:plain

f:id:saria444:20170502000537j:plain

f:id:saria444:20170502000523j:plain

f:id:saria444:20170502000552j:plain 

f:id:saria444:20170502002815j:plain

f:id:saria444:20170502001329j:plain

f:id:saria444:20170502002128j:plain

f:id:saria444:20170502000425j:plain

f:id:saria444:20170502002424j:plain

 【2017年4月訪問】

 

【愛知県:名古屋市東区】ボンボン “乙女喫茶店とタイタニック”

純喫茶丸は今日も名古屋を行きます。ボンボンは名古屋市東区の喫茶店。最寄駅は地下鉄高岳駅 

f:id:saria444:20170427145751j:plain

見つけた瞬間漆黒の海に浮かぶ豪華客船のようだと思いました。高岳駅から歩みを進めると、暗闇に輝く一角が。明るい時間に全体像を見てみたいとも思いましたが、灯りがついた夜もかっこよかった。

 

ここ名古屋喫茶店巡りでは絶対リストから外せない喫茶店だったけど俄然行く気になった理由があります。あの小倉トースト元祖まつばのママに「これからまた他の喫茶店に行くの?」と聞かれたので、ボンボン。と答えると、意外な話が聞けました。以前はまつばでボンボンのケーキを提供していたこと。ボンボンは当時『山本製菓』という名で卸をしていたこと。ボンボンが卸をしていたとの話は聞いたことがあったが実際のお店から話を聞け縁が数珠繋ぎになったようで嬉しい。

 

客船のような外観であるが店内はアメリカンダイナーのよう。アメリカンダイナーってよく喫茶店が好きな人が出す形容詞だと思いますけど、きっと喫茶店が好きな人は映画も好きなんでしょうね。多分ハリウッド映画で出てくるアレです。なるべく店内が見渡せる窓側の端の方に座りました。そこは禁煙席でしたが反対側が喫煙席かな?東郷青児氏の絵が飾ってある方。ベージュとブラウンの椅子で可愛かったな。今度はそっち側に座ってみたい。ここではサバランと決めていました。夜の訪問でショーケース内はほとんどケーキが売切れていたけどサバランがあって「ほっ」洋酒にしっとりつけこまれたサバランに陶酔。

 

客船といえば私は貨物船担当だったので、本物には疎い。(お客さんとして乗ってみたいけど!)だから思い浮かぶ客船は未だにタイタニック号。映画館で5回ほど見ました。上映当時は船の仕事とは無縁だったけどそんなに何度も観たのは、ディカプリオが好きだったから。タイタニック号の事故が起こった当時、どうやら操船舵きりオーダー方法が混在していた時期で、左右どちらかに”舵をきれ”というオーダーには、基準にすべきは柄(え)の向きなのか舵の向きなのか人によって異なり統一のルールがなかったと聞いたことがあります。そのあたりキーポイントの場面なのですが、日本語字幕では、その部分がどうやら誤訳の模様。それをこの業界で仕事を始めた後に知りました。私の本業は海運用語の英訳。その誤訳騒動(?)にとても興味を抱きましたが、話題に乗ってくるのは船乗りさんだけ。それも、ちょっと偉い人たち。つまり老練の船乗りさん。陸上勤務の同僚には「そんなところ誰も気にしてない。」と一笑に付されました。

 

その後業務に忙殺され、タイタニックの誤訳事件のことも忘れていましたが、ふと、ボンボンから数珠繋ぎに思い出しました。実はまだ検証はできていないですけど私なりの結果が出たらまたいつかその話は後日。

 

ちなみにボンボンの発音。地元の方のアクセントは、おぼっちゃまのボンボンと同じ。ネーミングの由来は、”運”の ”ん” がつく名前が縁起がいいから 
”ん” が2回入る名前にしたそう。
でもやっぱりフランス語の”  Bon” からだよね。

f:id:saria444:20170427145812j:plain

f:id:saria444:20170427145834j:plain

f:id:saria444:20170427145852j:plain

f:id:saria444:20170427145919j:plain 

f:id:saria444:20170426152704j:plain 

f:id:saria444:20170427145946j:plain

f:id:saria444:20170427150011j:plain

f:id:saria444:20170426152816j:plain

f:id:saria444:20170427150043j:plain 

f:id:saria444:20170426152932j:plain

f:id:saria444:20170427150111j:plain

f:id:saria444:20170426153059j:plain

f:id:saria444:20170427150139j:plain 

f:id:saria444:20170427150213j:plain

愛知県名古屋市東区2-1-22

 【2017年4月訪問】