純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:虎ノ門】珈琲舎バン 虎ノ門店 最高の潮時

新橋周辺の喫茶店シリーズ

バン虎ノ門にある喫茶店。

レトロなオフィスビルの地下食堂街にある。

ひょんなことからであった。

f:id:saria444:20170413233022j:plain

 ここも私の潮待ち場所。

潮汐については占いが好きだから、

満月新月は意識している。

月の影響で潮の満ち引きが起こること。

 その感覚は、船の世界では最重要。

 

”潮時”という言葉は

「物事の終わり。」

というニュアンスで使用している人が多いと思う。

 

船の世界でその言葉について初めて意識を注いだ。

 

”潮時”という言葉は、

『終わり』というよりも『ちょうど良いタイミング』

多くは最高潮=潮時だった。

潮時は切ないものではなく楽しみに待つもの。 

ここも私の潮待ち場所。

新橋周辺の喫茶店は、

潮時を待つ場所としてお世話になった。

 

赤いソファとグリーンのタイルのテーブルが

統一感があって素敵。

ちょうどいい場所でちょうどいい時間を過ごせる。

さぁ、コーヒーゼリーが来た。気分は最高潮。

f:id:saria444:20170413233224j:plain

f:id:saria444:20170413233520j:plain

f:id:saria444:20170413233453j:plain

f:id:saria444:20170413233300j:plain

f:id:saria444:20170413233425j:plain

この日のお供は焼き餃子と名画座 わたしの東京 味歩き平松洋子

 

平松さんの思わずお腹がすいてきてしまう

表現力に感服です。

【2016年12月訪問】

 

【東京都:虎ノ門】フーガ 虎ノ門で潮待ち

新橋周辺の喫茶店シリーズ。

フーガは虎ノ門にある喫茶店。 

 f:id:saria444:20170413001412j:plain

ビルの谷間、地下に続く”町の喫茶店”。

こんな感じのお店を虎ノ門で見つけた時の感動たるや。

モチーフは音楽のよう。

階段の踊り場にある看板は

バイオリンとト音記号でしょうか。

シルバーなのがシャープ。

インテリアはアットホームな喫茶店。

この加減が肩の力がホッと抜けるし安心する。

虎ノ門周辺はおしゃれだったり

かしこまったりガヤガヤの居酒屋か(それも好き)

逆に老舗すぎて肩肘張ったり。

だからこそ、

こういうスタイルのお店の存在はありがたい。

 

 さて、私がここで過ごしたのは

「潮待ち」のため。

潮待ちっていうのは、船乗りさん用語。

現場で日常的に飛び交っていた

私の好きなことばのトップ3入り。

本来の意味は

”潮流を利用して航行する船が

潮流の向きが変わるのを待つこと”

面白いことに

船のオペレーションだけではなく人間にも使う

”時間つぶし”という用法だ。

 

例えば、アフター5(6?)に待ち合わせ。

それまで小一時間ほどあるとき

社内ではこんな会話が。

「お疲れ様。まだ残業してるの?」

「いえ。約束まで潮待ちしています。

 ここフーガでは

まさに「潮待ち」をした。

業務後の習い事まで時間が少しあったから。

 

ちなみに「潮待ち」のニュアンスは、

待っているのはあくまでも楽しみなこと。

逆に、気乗りしないネガティブなことを

待つ際には使わないのだそう。

f:id:saria444:20170413001441j:plain

f:id:saria444:20170413001706j:plain

f:id:saria444:20170413001505j:plain

f:id:saria444:20170413001739j:plain

潮待ちで1時間弱を過ごしたフーガ。

この頃は、能町みね子さんの「きまぐれミルクセーキ

を読んでいたから

ミルクセーキをひたすら頼んでいた時期。

バイトらしきお姉さんが

ミルクセーキの作り方を

ママから教わりながら格闘していた。

この味、ぜひ守り続けてください。

 

この日のお供「きまぐれミルクセ〜キ」 

能町みね子 著

【2016年6月】

 

【東京都:新橋】カトレア 美しいジャコブスラダー

新橋周辺の喫茶店シリーズ。

カトレアは新橋 ニュー新橋ビルにある喫茶店。

ニュー新橋ビルの構造。梯子柄が素敵。

f:id:saria444:20170423004654j:plain

 

f:id:saria444:20170407150944j:plain

カトレアはニュー新橋ビルの壁、

梯子を互い違いに並べたようなデザインを

鑑賞できる窓側が好き。

梯子といえば。海の言葉にジャコブスラダーという

言葉がある。

大型貨物船の船体から吊るされる縄梯子のこと。

主にパイロットと呼ばれる

各港の専門家が海上から乗船する際に使う。

タグボートという小型の船で

大型貨物船の近くまで行き、

パイロットは垂らされた梯子を昇るのである。

 

このジャコブスラダーは、聖書の物語。

ジャコブ(ヤコブ)が夢でみた

”天使が昇降していた天と地を繋ぐ梯子”から

つけられた名称だと知った。

 

f:id:saria444:20170407151328j:plain

f:id:saria444:20170407151105j:plain

f:id:saria444:20170407151147j:plain

f:id:saria444:20170407151247j:plain

f:id:saria444:20170407151025j:plain

隙間時間に訪問する

喫茶時間はホッとする。

隙間の構造が美しいこのニュー新橋ビル。

まだまだ存在感していてほしいな。

新橋の天に続く梯子を見ながらそう思う。

 

ジャコブが天使が昇る梯子を

見て救われたように

私もカトレアで夢心地に癒される。

 

参考:「海の英語」佐波宣平

 

【2015年7月訪問】

【東京都:新橋】カフェドカナール〜 タッチバンカー

新橋周辺の喫茶店シリーズ。

カフェドカナールは新橋 ニュー新橋ビルの喫茶店。

f:id:saria444:20170410215556j:plain

ニュー新橋ビルは純喫茶天国。あんなこんな純喫茶が入っています。

kissafreak.hatenadiary.jp

kissafreak.hatenadiary.jp

 

kissafreak.hatenadiary.jp

 

船の世界の言葉に、

タッチバンカーという言葉がある。

簡単に言うと、

目的地以外に立ち寄って、燃料を補給すること。

燃料を補給するためだけの立ち寄りだから、

補油業務が終わり次第すぐに出航する。

 

私は、15分あったら喫茶店に行こうと思う。

でも、無駄な動きが出来ず、

食べ終わるや否やすぐに出発しないといけない。

ここは勤務地からは距離が少しある。

カフェドカナールはすぐそこ。

でも「お昼休みあと残り30分。」

 

せっかく来たなら

もっとゆっくりすればいいのにとは思う。

でも入ってみて気に入ったら再訪すればいいとも。

チャンスがあればとにかく飛び込む。

せっかくいい場所だから

もっと滞在したいこの空気を景色を目に焼き付けたい。

と思いながら。

そう思いながらも、思いを重ねてみた。

せっかく未知の地(海?)に来たのに

岸に陸に降りられない船乗りさんたちも

そんな気持ちなんじゃないかと。

寄港したけど陸には降りず。

せめてもう少しこの場所にいたいけど

時間の関係で長時間とどまれない、と。

 

私もエネルギー補給しなきゃ。

午後の航行(業務)を遂行するために

お腹に「よし!」という気合いを入れたい。

適当なものじゃなく好きなものを好きな場所で。

燃費計算も大事。

f:id:saria444:20170410215856j:plain

f:id:saria444:20170410215719j:plain

f:id:saria444:20170410215953j:plain

f:id:saria444:20170410215750j:plain

 f:id:saria444:20170410215631j:plain

f:id:saria444:20170410215822j:plain

f:id:saria444:20170410220040j:plain

次はいつ来られるかわからない。

だから、無理に立ち寄ったけど、

ホットサンド美味しくて満足だった。

15分くらいしか滞在できなかったけど、

今度ゆっくり来るための予習。

と納得させた。

【東京都:虎ノ門】ヘッケルン

新橋周辺の喫茶店シリーズ。

ヘッケルンは虎ノ門の喫茶店。

f:id:saria444:20170409204846j:plain

職場の近くのため、何度も来店しているけど

ランチタイムに訪問していないことに気づく。

最初の訪問時。新橋のなつかしい話を

常連さんと語らっていたマスター。

当時は新橋のことをよく知らなかったから、

ここに来れば町のこと知れるなと思ったな。

とうとう新橋での勤務は卒業。

壁の「寝ないでください」の文面に微笑んだ日は遠い。

新橋勤務中の最終訪問はお昼間に。

昼のヘッケルン夜より外観の様子がよく見える。

 

カウンターはぎっしりお客さんでいっぱい。

ランチの後のデザートなのか、

ほとんどの方がプリンセットを頼んでいた。

カウンターに積まれた

たくさんのグラスを眺められるのは

ランチのピーク時ならでは。

f:id:saria444:20170409204754j:plain

f:id:saria444:20170409205002j:plain

f:id:saria444:20170409205039j:plain 

f:id:saria444:20170409205118j:plain

f:id:saria444:20170409205200j:plain

f:id:saria444:20170409205237j:plain

プリンに浮かぶヘッケルン

スプーンを入れると崩れる映像。

新橋の思い出も食べてしまおう。

f:id:saria444:20170409210026j:plain

f:id:saria444:20170409210041j:plain

f:id:saria444:20170409204821j:plain

 【2017年3月ほか:訪問】

【新橋】サンマルコ

新橋周辺の純喫茶シリーズ。

サンマルコは新橋ニュー新橋ビルの喫茶店。

f:id:saria444:20170408101403j:plain

奥ゆかしく佇む。

こんなところにこんないいお店があったんだ。

ランプとソファのインテリア

可愛く揃っているところが好き。

 

サンマルコのいいところは

ニュー新橋ビルの素敵な壁と窓のデザインから

電車が眺められるところ。

鉄道を横目に見ながら喫茶店で過ごす時間は好きです。

鉄骨と鉄道という”鉄の塊”コラボは癒される。

窓の外は駅。でもまだ12時。

帰りたい帰れない。ジレンマです。

 

お腹すいた〜。ホカホカのなすが入った

ちょっとおしゃれなナポリタンがきました。

 

この頃は純喫茶のナポリタンを

ことごとく食べていた時期。

好みの雰囲気なので、

写真の撮影許可をいただきパシャパシャ。

「ただ古いだけなのにね〜。

どこがいいのかね?」

と不思議そうなご主人。

魅力に気づいていないのか控えめなのか。

「すごい素敵ですよ!」と思います。

人間でもそういう人ほど謙虚です。

私の好きな言葉があります。

「実るほど こうべを垂れる 稲穂かな」

ニュー新橋ビルの奥に控えめに佇む店構えから

そんな気概を感じる喫茶店でした。

 f:id:saria444:20170408101935j:plain

f:id:saria444:20170408101423j:plain

f:id:saria444:20170408101914j:plain

f:id:saria444:20170408101454j:plain

f:id:saria444:20170408101520j:plain

f:id:saria444:20170408101611j:plain

【2015年5月訪問】

【新橋】ポンヌフ

新橋付近の喫茶店シリーズ。

ポンヌフは新橋駅前ビルにある喫茶店。

フランス語で

ポン=橋

ヌフ=新しい

ポンヌフの由来は

新橋!!

f:id:saria444:20170404082928j:plain

パリにある橋、

“ポンヌフ”も建設当時は

 一番新しかった。

今やつぎつぎに別の橋がつくられ、

特別な橋ではない。

 赤ちゃん犬にチビと名付けて、

とても大きく成長してしまう現象に

似ているような。

新橋は街もこのポンヌフも、

当時は新しかったのです。

 

ポンヌフはナポリタンが有名。

新橋でおなかいっぱいになりたいならココ。

銀のお皿にハンバーグがのっているナポリタン。

雑誌で新橋B級グルメ ナポリタン編

という特集があれば

ポンヌフは必ずのりますね。

プリンセットです。とろけるプリンよりも

手作りの固めが良い。

 f:id:saria444:20170404082956j:plain

f:id:saria444:20170404083027j:plain

f:id:saria444:20170404083109j:plain

f:id:saria444:20170404083150j:plain

マスターに無理をお願いして頂いたマッチ。

可愛くて大好き。

大切にします。

【2015年8月訪問】